リサイクルトナー良質WEB店ロゴ

InkTec(インクテック)製詰め替えインク - hp用、CANON用、LexMark用

HOME
 リサイクルトナー良質・ホーム ホーム
 「良質」掲示板
 
LOGIN
 ログイン・登録訂正
  パスワードを忘れたら
 
REGISTRATION
 お届け先を登録
 お届先登録規約
 
TONER
 トナーのご案内
 リサイクルトナー良質・その他のトナーカートリッジ売り場 トナー売り場
 
INKJET INK
 インクのご案内
 リサイクルトナー良質・hp用インクジェットインク売り場 インク売り場
 
OTHERS
 ラミフィルムのご案内
 リサイクルトナー良質・ラミネートフィルム売り場 フィルム売場
 
SHOP GUIDANCE
 この店の使い方
 FAX発注用紙
 リサイクルトナー良質・サポートEメール お問合せ
 プライバシー方針
 特定商取引法表示
 
ABOUT US
 会社案内
 
 
リサイクルトナー良質・ホーム > インクのご案内 > ●InkTec(インクテック)詰め替えインク
 InkTec(インクテック)詰め替えインク
きれいが速いhp、InkTecで安くなる。 きれいが速いhp、InkTecで安くなる。 きれいが速いhp、InkTecで安くなる。
地球のために詰め替える。InkTec(インクテック)詰め替えインクで安くなる きれいが速いhp、InkTecで安くなる。
きれいが速いhp、InkTecで安くなる。 きれいが速いhp、InkTecで安くなる。
InkTec社詰め替えインクのロゴ
ほぼ、純正同然。

純正インクが顔黒なら
「詰め替えは、InkTec」。
 
InkTec(インクテック)詰め替えインク
1 当店一番人気。ズ抜けた高品質で米国インクジェット市場を席巻した、InkTec詰め替えインクです。
2 文字高1mmの3pt文字をコピー用紙に刷れるほぼ純正同然の顔料黒インク。hp、CANON、LexMark用。
3 正確なチューンで色調整不要、ほぼ純正同然のカラーインクとフォトインク。hp、CANON、LexMark用。
4 人気の詰め替えキットに加え、割安な補充インクや増量キット、黒・カラー・フォトのセットも。

InkTec詰め替えインク関連ページ
ニュース  インクのご案内
概要 InkTec詰め替えインク
新製品 hp177用詰め替えインク
コツ 詰め替えのコツ
試験:黒 3pt印字試験条件:顔料黒インク
3pt印字試験結果:顔料黒インク
試験:色 BCI-321用詰め替えインク
BCI-7e用詰め替えインク
ISO写真印刷試験:カラーインク
基本講座 なぜ、インクが飛ぶの?
なぜ、色を表せるの?
なぜ、インクが飛ばないの?
売り場   hp用インク売り場
    CANON用インク売り場
    LEXMARK用インク売り場
    FAX発注用紙 
 自由市場に鍛え抜かれたInkTec
ほぼ純正同然。InkTecは裏切らない。
「純正」使用率5割以下の激戦区アメリカ。
勝ち抜いたのは「品質のInkTec」。
InkTec(インクテック)社ロゴ
自由な市場で
磨き抜かれた
「純正同然」の高品質。
 
純正をしのぐ互換・再生・詰め替えインク

米国のインクジェットプリンター用消耗品市場では、純正インクのシェアは僅かに5割以下。
純正品が定価に近い価格で独占的に流通を支配している日本市場とは異なり、米国ユーザーには豊富な選択肢が用意されています。
純正インクカートリッジの他、セカンドソースが供給するコンパチブルインクカートリッジ(互換品)や、再生インクカートリッジ(再生品)、インクシェア米国2004年、詰め替えインク(RIFILL-INK)は2割5部詰め替えインクキット(リフィルインクキット)などが、相互に品質と価格を互角に競う激しい競争市場なのです。

インクに開発を特化したInkTec

InkTec社は、詰め替えインクをスタート台に、比較的後発のインクメーカーとして90年代初期からインクジェットプリンター用サプライに開発投資を集中して来ました。
あまたの染料や顔料や媒体(ベヒクル)の中から純正インクの配合や粘性を解明し、純正インクの色空間を見事に再現する詰め替えインク(リフィルインク)を完成させ供給してきたのです。
とりわけ、他社がマネできない高純度顔料インクの高い安定性は絶品です。

選び抜かれたコストパフォーマンス

価格と品質のバランスに極めて厳しい全米ユーザーの厳格な選別を経て、高品質な詰め替えインクとして北米市場に見事に勝ち残ったのは後発のInkTecでした。
北米とEUではインクジェットプリンターでもシェア5割を超えるのがhp。
このhpユーザー向けに、高品位な顔料ブラックインクを供給し高い評価を得たのです。
hp社が確立した「顔料ブラック+染料カラー」という実用的なインク構成に追随していたのは、インクジェットでは後発のLEXMARKやCANON。
このLEXMARK、CANONのユーザー向けにも専用の顔料ブラックインクを供給したのです。
顔料ブラックで確立された高い評価を活かし、各機種向けに厳格なカラーマッチングを実現したカラーインクやフォトインクを次々に発売。
後発のInkTecは、北米・EUをはじめ世界約100カ国のインクジェットプリンタ用消耗品市場を席巻していったのです。
InkTec製詰め替えインクH57A07K(hp57用)hp57用H57A07K


比較試験 フォト部門


ますます厳しくなった「良質」の印刷比較試験。
色再現の差が目立ちやすいISO(JIS)SCIDの標準画像をhp・CANON・LEXMARKの純正インクとInkTec詰め替えインクで印刷します。
「良質」の商品試験室は、この試験を通じ、InkTec製詰め替えインクをぜひ日本のユーザーにお届けしようと心に決めたのです。
  ISO写真印刷試験:カラーインク
hp psc2550 純正インクhp57/hp58で印刷
hp製純正インク
hp psc2550+hp57/hp58
InkTec製詰め替えインクH57A07K(dhp06)/H58P07K(dhp07)で印刷
InkTec製詰め替えインク psc2550+InkTec(インクテック)詰め替えインク比較試験に使用したhpプレミアムプラスフォト用紙光沢H57A07K/H58A07K

この試験に使用した写真用紙。
hpプレミアムプラスフォト用紙(光沢)Q1933A
 インクジェットを変えるInkTec
ほぼ純正同然。InkTecは見破れない。
「純正」インク使用率まだ9割という日本。
「品質のInkTec」は、プリント・シーンを変える。
nkTec製詰め替えインクH56B04K(hp56用)hp56用H56B04K


比較試験
    ドキュメント部門

「良質」の印刷試験は、「実用域」最重視。
低価格コピー紙に、普及しているエクセル データを印刷します。
コピー紙ですから、最良の印刷結果を示すものではありません。
さらに、プリンタの限界に挑む文字高1mmの3pt文字印刷試験も安価なコピー用紙で実施しています。
  3pt印字試験条件:顔料黒インク
  3pt印字試験結果:顔料黒インク
hp純正hp56でコピー用紙に印刷
hp純正インク psc2550+hp56
左右25mm天地13mmの部分を拡大。太字が14ポイント、細字が11ポイント文字。細線は0.25ポイントです。

InkTec製hp27/hp56用詰め替えインクでコピー用紙に印刷
InkTec製詰め替えインク psc2550+H56B04K
InkTec詰め替えインク印刷試験に使用したコピー用紙アスクル社マルチペーパースーパーセレクトA4安価なコピー紙に印刷しても、キリッと締まって真っ黒な、全くにじみを感じさせない印刷結果を得られます。
比較試験をおこなった商品試験室メンバーにも純正インクの印刷結果と見分けがつきません。
この試験に使用したコピー用紙。
AskulマルチペーパースーパーセレクトA4
純正インク使用率90%以上、歪んだ日本市場

純正インク使用率が5割を切る米国に比べ、日本のインクジェットプリンター・ユーザーは約9割が純正インクを使用しています(2004年4月現在)。
消費者保護の徹底した米国やEUでよく普及している互換インクカートリッジは、日本では「海賊版」「模造品」とされ、供給が困難です(「良質」はCANON用互換品を販売しています)。
わずかに供給を許された詰め替えインクも、シェアはまだ3%。インクシェア日本2004年、詰め替えインク(RIFILL-INK)は3%
詰め替えが簡単なhp用やCANON用でも、9割のユーザーが高価で環境負荷の大きい「使い捨て」の純正インクを使用し続けているのです(2004年BCN総研調べ)。

高品質な詰め替えインクが無かった日本

先進国市場では異例のこの「純正偏重」は、消費者保護政策が未確立で、環境負荷の大きい「使い捨て」純正インクが保護される「日本だけ」の特異な市場動向。
世界市場で鍛え抜かれた高品質な詰め替えインクは、高率な関税や化審法安全審査などで日本への導入を阻まれて来ました。
純正の「使い捨て」はよくないと感じる多くの日本ユーザーも、未発達な日本製詰め替えインクの品質が災いして、詰め替え・再利用を阻まれてきたのです。

米国駐在の「純正」技術者が日本へ導入

2003年、高品質な詰め替えインクの代表銘柄InkTecを日本に持ち帰ったのは米国駐在の一人の若い化学技術者でした。
長い在米期間中、日本製プリンターの純正インク供給に全米を奔走し、ライバルInkTecの高品質を知り抜いていたのです。

「ほぼ純正同然」の優れた描画品位

InkTecの顔料ブラックインクは、各社の各機種用に別に用意されていますが、どれも印刷結果だけでそれぞれの純正インクと見分けることはたいへん困難です。
  3pt印字試験条件:顔料黒インク
  3pt印字試験結果:顔料黒インク
InkTecのカラーインク・フォトインクも、各社の各機種用に別に用意されていますが、それぞれの純正カラーにたいへん正確にカラーマッチングされており、プリンター側やPC側でのカラー調製は事実上不要です。
  ISO写真印刷試験:カラーインク
  BCI-7e用詰め替えインク
  hp177用詰め替えインク 
 リユース20回、コスト20%
「使い捨て」の純正カートリッジを最大20回、再活用。
インクコストを最大80%削減する。
最大20回の再利用、コストは最大80%削減

世界市場で選び抜かれたInkTecを使えば、hp、CANON、LEXMARKでは、いずれも最大80%程度、インクコストを下げることができます。
使い
捨ててきた純正カートリッジを最大20回程度は再利用でき、環境への負荷を大幅に低減できます。
  詰め替えのコツ
InkTec詰め替えインクCANON BCI3eBK用C3EB04Kのキット内容どなたに も詰め替えが簡単になるよう、「詰め替えキット」には必要な全ての道具とインクがセットされています。
インクを増量した割安な増量タイプもご用意。
品番に「K」が混じれば「詰め替えキット」ですから、スターターのお客さまは必ず「K」の付いた「詰め替えキット」から始めてください。
リピーター様向けには、詰め替え用具のムダがなくインクだけを割安にお届けする「補充インク」をご用意しています。

「ガングロ御三家」hp・CANON・LEXMARKに

CANONロゴ2004年夏、「良質」はInkTec詰め替えインクの対応メーカーを拡張、「純正インクが顔料ブラック」であるhp・CANON・LexMark、俗称「ガングロ御三家」に拡げました。
2004年末、業務用の「BusinessInkJet」シリーズに用いられるhp10/hp11用も発売されました。
2005年、「良質」は20-25mlコンテナに加え、取扱商品に続々と割安な1000mlコンテナを投入、安心して使える高品質なインクをごく低価格でお届けし業務用需要にしっかりお応えする体制を整えました。
2006年、これまで詰め替え業者様向けの専売品であった業務用共通インクの小分け販売を開始、大ロット生産のインクにふさわしい新価格帯を開拓しました。
2006年、「良質」では、hp45/hp78、hp56/hp57、hp10/hp11という人気の3系列にICチップまで新品に交換された「ほぼ純正」の再生カートリッジを投入いたしました。
2006年初夏、「良質」では新開発ArchivalChrome耐光技術で純正Chromalife100に迫る保存性を実現したBCI-7/7e用「レプリカ」インクの詰め替えキット・補充インクを発売いたしました。
2006年夏、「良質」は新開発Ever耐光技術で純正Viveraに迫る保存性を実現したhp88用詰め替えインクを発売いたしました。
2007年新春、「良質」はEver耐光技術で純正Viveraに迫る保存性を実現したhp177用詰め替えインクを発売いたしました。
InkTec詰め替えインク関連ページ
ニュース  インクのご案内
概要 InkTec詰め替えインク
新製品 hp177用詰め替えインク
コツ 詰め替えのコツ
試験:黒 3pt印字試験条件:顔料黒インク
3pt印字試験結果:顔料黒インク
試験:色 BCI-321用詰め替えインク
BCI-7e用詰め替えインク
ISO写真印刷試験:カラーインク
基本講座 なぜ、インクが飛ぶの?
なぜ、色を表せるの?
なぜ、インクが飛ばないの?
売り場   hp用インク売り場
    CANON用インク売り場
    LEXMARK用インク売り場
    FAX発注用紙 



水落秀夫 − 良質設計株式会社代表取締役ガングロファンに試して欲しい
純顔料インクの、
にじみない真っ黒

hpやCANON、LEXMARKのインクジェットプリンターでは、普通紙にどんどん印刷できます。
顔料ブラックインク、通称「ガングロ」を用いているからです。
詰め替えインクも、最近は「顔料インク」と表示するケースが出てきました。
しかし、濃度感を補うため染料も混ぜた混合インクが実態といわれます。
コストダウンし製造後の沈殿を防ぐため薄くした顔料インクでは、顔料独特のキリッと締まった仕上がり感が得られません。      インク成分の沈殿はトラブルの原因
電離的な安定が崩れると顔料インクの中の顔料粒子の分散が崩れ沈殿する安価な紫や赤の染料を混ぜ、見かけの「濃度感」を補うことはできますが、染料成分の析出やゲル化などトラブルは避けられません。

高濃度な純顔料インクを安価に供給できるInkTec社は、水性インクのコア技術である分散技術のレベルが高く、詰め替えに起因する不具合が格段に少なくなります。
不器用な多くの米国ユーザーに使い込まれた結果、詰め替え操作もよく改良されています。
国内品ではなかなか得にくい良心的な優れた製品だと思います。
期待品質を上回る「気持ちよい体験」をあなたにも。良質設計株式会社 Copyright (C) 2003-2007  All Rights Reserved.